弊社研究開発グループ 社会イノベーション協創統括本部 統括本部長の森正勝が、Future Center Alliance Japan (以下、FCAJ)主催の「FCAJシンポジウム2022」に登壇致します。

以下、FCAJサイト告知サイトからの転載です。

今回は、デザインという知的資源をいかに有効活用し、イノベーションにつなげるかを3つの側面から対話の場を設けます。デザインを未来に向けてどう定義づけるか?そして産業や経営とどう結びつけていくのか?非常に奥の深いテーマであり、このシンポジウム以降もFCAJは「デザインラボ活動」を2022年度の主要テーマの一つとして取り上げる予定です。

第一部「エコシステムのためのデザイン」
イノベーションはもはやエコシステムで考えていく必要があります。ではそこにおけるデザインの知とは?

第二部「新たなデザイン人育成のためのカリキュラム」
20世紀は工業デザイナーを含め多様なデザイナーが登場しましたが、21世紀は一体どんなデザイナーを育成すべきなのでしょうか?

第三部「デザインマネジメント4.0 (提言)」
産業デザイン(1.0), デザイン資源の戦略的マネージメント(2.0),イノベーションのためのデザイン思考(3.0) を経て、社会構造を革新するイノベーションではデザインをいかに活用すべきなのか、第一線でご活躍の皆さんに提言いただきます。

プログラム(暫定)

*内容、登壇者については変わる可能性があることご留意ください。

日時2022年3月3日(木) 15:00~18:00
形式Zoom Webinar
参加費無料 ※事前登録が必要です
主催Future Center Alliance Japan
締切2022年2月28日(月)まで
プログラム1. Keynote FCAJ専務理事 紺野登
2. 第一部「エコシステムのためのデザイン」
パネリスト:西垣 淳子氏(経済産業研究所)、斉藤 卓也氏(文部科学省)、森 正勝氏(日立製作所)、小島 健嗣氏(元富士フイルム、design MeME)
モデレータ:紺野 登(FCAJ代表理事)
3. 第二部「新たなデザイン人育成のためのカリキュラム」
パネリスト: 藤原 大氏(DDI、多摩美術大学)、大場 光太郎氏(産業技術総合研究所)、平井 康之氏(九州大学大学院):予定、山際 邦明(豊田通商、FCAJ理事)
モデレータ:齋藤 敦子(コクヨ、FCAJ理事
4. 第三部「デザインマネジメント4.0 (提言)」
パネリスト: 長谷川 豊氏(ソニー)、平賀 明子氏(コニカミノルタ)、西澤 明洋氏(エイトブランディングデザイン)、遠山 正道氏(スマイルズ)
モデレータ:石川 貴之(日建設計、FCAJ理事)
5. 今後のFCAJ活動(2022年の活動計画など)

お申し込みは終了いたしました

本ウェビナーに関するお問い合わせ

FCAJ事務局
(Eメール:fcaj_info@futurecenteralliance-japan.org

This article is a sponsored article by
''.