[Vol.1]「お客さまに向き合うこと」で、まだできることがある。│「地域住民と協働し、まちを創り出す」。東急・東浦さんと考える次世代の社会システム

オープンな交流や協創アプローチでイノベーションに取り組んできた「協創の森」。この取り組みをさらに進化させるべく、さまざまな知見をもつ皆さまと語り合い、新たな視点を発見する「協創の森をアップデートする」シリーズの連載を始めます。 今回は2021年4月から「フューチャー・デザイン・ラボ」にて、社会や顧客の生活を変えるイノベーションに取り組んでいらっしゃる東急株式会社の東浦亮典執行役員に、日立製作所研究開発グループ 社会イノベーション協創統括本部統括本部長の森正勝と東京社会イノベーション協創センタ 主管デザイン長の丸山幸伸がお話を伺いました。東急100周年に向けたプログラム、喫緊の課題と遠くに...

人気記事

This article is a sponsored article by
''.