企業活動や事業にパーパス(存在意義)が求められる時代に、社会やビジネスの問いを起点としたビジョンを描き、いかに事業につなげていくかをテーマに、研究開発グループによるオンラインイベントをシリーズで実施いたします。

<ぜひご参加いただきたい方々>
・社会課題に関心のある方
・経営者、経営部門の方
・事業企画部門、研究開発部門の方
・イノベーションや改革を担当されている方
・次世代モビリティにご関心がある方

都市過密、超高齢化、環境負荷低減など、都市を持続可能にしていくための観点を踏まえ、安心・安全で自由な移動をどのように実現していくのか、という課題に対して、低炭素な公共交通機関とラストワンマイルを繋ぐ、より生活に密着したパーソナルモビリティにも注目が集まっています。

今回のウェビナー「モビリティ “Moving into the Future City”」では、家族型パートナーロボット「LOVOT」などを開発された工業デザイナーである、有限会社 znug designの根津孝太氏をゲストにお招きし、制御・ロボティクスイノベーションセンタ長である中垣、電動化イノベーションセンタ長の山岡が対談形式で、道路と移動体、乗客というフォーマットをリフレームしこれからの都市生活に求められるパーソナルモビリティのあり方を議論します。

みなさまのご参加、お待ちしております。

開催概要

日時2022年2月22日(火) 16:00~17:30 (15:45より受付開始)
形式YouTube Live
参加費無料 ※事前登録が必要です
主催日立製作所 研究開発グループ
締切2022年2月21日(月) 12:00まで
プログラムプログラム1
鼎談「誰が為のパーソナルモビリティ?」
有限会社 znug design 根津 孝太 氏
制御・ロボティクスイノベーションセンタ長 中垣 亮
電動化イノベーションセンタ長 山岡 士朗
プログラム2
ライトニングトーク「テクノロジーがけん引する新たなモビリティ体験」
「共生・共進化制御による、未来の都市環境での人とモビリティとの共生社会」
制御・ロボティクスイノベーションセンタ 自動運転研究部長 高橋 絢也
「インホイールモーターが生み出す、新しいクルマの価値」
電動化イノベーションセンタ モビリティドライブ研究部長 高橋 暁史
プログラム3
トークセッション「未来の街を活性化するための、移動体技術の『3つの問い』」
東京社会イノベーション協創センタ 主管デザイン長 丸山 幸伸
制御・ロボティクスイノベーションセンタ 自動運転研究部長 高橋 絢也
電動化イノベーションセンタ モビリティドライブ研究部長 高橋 暁史

お申し込みは終了いたしました

本ウェビナーに関するお問い合わせ

株式会社 日立製作所 研究開発グループ
お問い合わせはこちらから

ウェビナーレポート

第1回「パーパスと社会イノベーション事業」

プログラム1「なぜ私たちは問いからはじめるのか?」
プログラム2「目的工学の観点から社会イノベーションを紐解く」
プログラム3「サステナビリティのための問い」

第2回「ビジョンドリブン ― ビジネス、デザイン、テクノロジーの交差点」

プログラム1「ビジョンと駆動目標を達成するための“ビジョンデザイン”」
プログラム2「ビジョンと事業」
プログラム3「ビジョンを実現するソリューションの研究」

第3回「DX for Innovation Business」

プログラム1「ビジョンを実現するためのシステムチェンジ」
プログラム2「社会課題解決とDX」
プログラム3「DXの効果を共有する-Cyber-PoC」

第4回「社会を支えるAIの未来」

プログラム1「デジタルとAIが社会インフラに新たな価値をもたらす」
プログラム2「未来を思索するためのSFプロトタイピング」
プログラム3「EUのAI規制政策と企業のリスクとチャンス」

第5回「AIのガバナンス」

プログラム1「日立のAIガバナンス」
プログラム2「AIはサイバーとフィジカルの暮らしを繋ぐことができるのか」
プログラム3「社会から信頼されるAI」

第6回 「社会システムのトラスト」

プログラム1「社会システムのトラスト」
プログラム2「多様なデータが作る社会システム」
プログラム3「社会システムへのトラストを再構築する」

This article is a sponsored article by
''.